日誌

H14.09.30(月) 曇り時々雨

超昂天使エスカレイヤー -Beat Angel Escalayer- 第1話 「DDダイナモ チャージ完了!」
ゲームで使っていたオープニングがそのまま使われていたのにちょっとビックリ。ん、逆か?ゲームでは冒頭でDDエナジー充填を行っていた沙由香のオナニーシーンに出くわしたため、異常に沙由香が昂奮したためにマドカに目をつけられてしまったわけだけれども、アニメでは授業を抜け出して女教師と屋上への階段の踊り場でやっていたところをダイラストの襲撃現場へと空を飛んでいこうとしたエスカレイヤーに目撃されて「ええ!何やってるのあの人?」ってドキドキしてしまったから、その状況をトレースしていたマドカに目をつけられてしまう。エスカレイヤーと目が合ってしまった時の真顔の恭平がかなり間抜け。
夜にマドカから沙由香とHすることを頼まれて、断った上で熱弁を振るう恭平を尻目に沙由香が妄想を思わず口に出すほどの暴走娘で笑う。
エスカレイヤーの情報収集のために遊園地で虐殺をやり始めるジョイフラストが今回の相手。ゲームとは違って真面目に怪人をやっている。ただ本当に無差別なので、ミストレーヌが何も文句らしいことを言わないのは不自然に感じた。ダイラストの怪人が暴れていることをお化け屋敷に入っていた二人に知らせるためにためらいもなく扉を蹴破るマドカがなかなからしいと思った。
エスカレイヤーの必殺技サブリミット・エスカレーションは意外とえげつない技だ。

しかしミストレーヌの「よもやゲッツェンがやられてしまうとは……」だけで、セリフどころか影も形もないとは。ゲッツェン、強く生きろ。

H14.09.29(日) 曇り

プルーンとキユイフルーツを凍らせて、バナナと一緒に牛乳を入れてミキサーにかけてみる。この間やった凍らせた葡萄は大失敗だったが、今回汁っ気がほとんどないプルーンがペースト状にならずにそこそこ大きな粒々として残ってしまう。味はともかく、口当たりが悪いのでバツ。キユイフルーツはほのかな酸味と一緒に入れたバナナの甘味と合わさってなかなか。バナナと牛乳にミキサーにかけたものがバナナセーキというらしい。好みによって砂糖とかバニラアイスとかを加えるアレンジがあるようだ。バナナの甘味にバニラの香りが加わるのか。美味そう。

Alicesoft Sound Album Vol.01
超昂天使エスカレイヤー -Beat Angel Escalayer-

DALK外伝と一緒に購入したのをようやく聴く。ゲーム本編中でもオープニングとエンディングで使われたテーマソングであるOverBeat〜明日へのエスカレーション〜の歌詞が載っていると思ったんだが、残念ながら掲載されていなかった。2トラック目の『侵略する帝国』というダイラストの基地の場面でかかる曲を聴くとDr.アルクの立ち絵がすぐ思い出される。

H14.09.28(土) 雨

あしたの雪之丞 Round・1 秋の木洩れ陽
ゲームやってたときにも思ったが、新島早苗杉崎怜於奈のキャラデザが被っているためパッと見では区別がつかない。怜於奈が最初出てきたとき、早苗かと思ったし。しかし先輩のはずなのに早苗に対して怜於奈がタメ口なのはどういうわけだろう。
原作通り面食いの春日せりなが雪之丞を一目で気になったのはともかく、そこからどうやってえちイベントに繋がるかと思ったら、せりなが不良に襲われている場面に出くわして割って入った後、ボロボロにされて自宅でせりなに介抱されているうちに……。って流れだった。でもこのとき雪之丞ってば前後不覚に陥っていて誰を相手にしているか良くわかっていなかったもよう。初めてだったせりなの帰り際に「おやすみ、昌子」って激怒した相手に刺されても仕方のないセリフがあったから昌子を相手にしているつもりだったのかな。前後不覚に陥っている割にはいやに手馴れている雪之丞、せめてキスぐらいにしておけ。この状態でやってしまうと主人公である雪之丞の意思がない状態と同義なのでイマイチ盛り上がれない。せりなを助けに入ったとき原作では別に助けたいわけじゃなくて親友の勝を昏睡状態にしてしまった自責の念からただただ痛めつけられて自分も同じような状態になりたくてってすげぇマイナス方向の理由だったが、ちゃんと助けようとしたものの上記のトラウマから相手を殴れずに、そのことにショックを受けた隙を突かれてボロボロにされたわけで、見直したのになぁ。つうか、雪之丞の自宅から逃げるように走り去っていくせりなが……ねぇ。元々30分枠で18禁にするのに無理があるんだよなぁ。

H14.09.27(金) 曇りのち雨

ようやく本格的にDALK外伝がはじめられる。一度見たところでもMAPがスクロールできないのはちょっと不便、というか痒いところに手が届かないもどかしさがある。

H14.09.26(木) 曇り

結局DALK外伝が届いたのは前日か。前日ぐらいじゃ会員通販を利用するうまみは少ないと思う。

データベース作成中

H14.09.25(水) 晴れ

巨人がサヨナラ負けしたくせに優勝なんぞしたために予約していた天地無用!GXPの放送開始時間が30分ずれる。最終回だというのにたまらんなあ。日テレめが!

そろそろ春に始まったのが終わって新作アニメが始まる時期か。まだまだ数が多いな。そろそろある程度は淘汰されて減ってくると思ったが、クオリティが取り返しのつかないレベルまで下がる前になんとかなるのだろうか。

H14.09.24(火) 晴れ

早く帰ってきたのにDALK外伝は今日ではないらしい。妻みぐいはたしか二日前だったからDALK外伝もそうなのかな。つうことは明日も早く帰ってスタンばってないとだめなのか。今のところ忙しかないからいいんだけどね。攻略もやりたいし。

DALK外伝のアイテムは固定の効果だろうけど、装備はどうなのかな?ランダムで効果が変わってくるとまとめるのが難しくなってくると思うんだが。それとかえるにょ・ぱにょ〜んのようにキャラクターによってそれぞれの職業の最上位職になれたりなれなかったりするのだろうか。

H14.09.23(月) 曇りのち晴れ

朝方まで起きていてさっさと寝ればいいのに、未見だったOVERMAN キングゲイナーの2,3話、円盤皇女ワるきゅーレの11,12話、りぜるまいん11,12話を続けて視聴。キングゲイナー2話でゲイナー君がエクソダスにやたらと反発していた理由が3話でゲイナー君本人の口から述べられていた。両親が「エクソダス反対ってビラを握らされて殺されたんだ!」 これって一体どっちに殺されたんだろう?ゲイナー君は「27日間部屋に閉じこもってゲームばかりやってたんだ。犯人を探しもしないで」とか言ってるからどっちかわかってないのか。サラさんがゲイナー君がすねて学校に来なかったのを何度もとがめるシーンでなぜか世話女房という文字が頭に浮かぶ。ラストでもいい雰囲気になっていたのでこれかも頑張って良好な関係を築いて欲しいものだ。しっかし、アナ・メダイユ姫、人に命令するのが自然で嫌味にならないのがとてもイイ感じ。ターンエーのディアナさまとかに通じるものがある。もう少し成長した上でだけど、こんな感じの姫君っていいよなぁ。
円盤皇女は全編通してサービスシーンばっかという記憶しかないが、イマイチ儲けたって感じがしない。ハイドラがけっこうお気に入り。どうしても素直で性格のいい娘よりもちょっとヒネて素直になれない娘の方が気になる。ラストではヴァルハラ八大国家の皇女全員が羽衣町に自家用宇宙船で突き刺さっていた。あるかどうかわからんが、次のシリーズに対する引きなのか?それにしちゃ、ワルキューレ、ハイドラ、ライネ、メーム以外の四皇女が顔出しだけで一言もなかったが。りぜるは次シリーズが始まる前に見とこうと思ってみただけ。

まえまえから思っていたんだが、世界三大美女と俗にいわれるクレオパトラ、楊貴妃、小野小町。クレオパトラはいわずと知れたプトレマイオス朝最後の女王クレオパトラ7世。楊貴妃は元々玄宗皇帝の息子寿王の妃で、あるとき親父に見初められたがさすがの皇帝も息子の妃を奪うのは外聞が悪いので、一度道観に入れて世間的には離婚させてから後宮に入れたほどの美女。玄宗皇帝ってば年甲斐もなく30以上年下の娘に溺れきって国政傾けるし。ただ、唐代の美女の基準は花なら真赤な大輪の牡丹にたとえられるようにふっくらとした豊満で華やかであることが美女の第一条件だったから、現代の基準で言うと美女といえるかどうかはちょっとわからない。それに本人はぽっちゃりしていたのは気にしていたようで、皇帝に「これぐらいの風ならお前は吹き飛ばされたりしない」って感じに当てこすられて激怒したってエピソードもあるようだし。
で、のこりの小野小町って平安時代の歌人で幼い頃からその美しく、宮中に上がっても並ぶものなしと謳われ、20年程宮仕えをしたようだが、先の二人と比べると国に対する影響度が二、三十段落ちるように思う。美の基準云々は時代時代によって変わるんだから置いておくとしても、どうせなら一国を傾けるぐらいのことはやらんと。

H14.09.22(日) 曇りのち雨

スタジオメビウスのSnowがどうやら開発中止になったらしいという情報を入手。オフィシャルサイトにも情報が上がっていないけど。けっこう楽しみにしていたんだけど、どうなんだろう。

どうやらガセネタではなかったようで>
まだOVAかTVシリーズかも詳細はでていないけど、すごいねぇ。ハズレにならなきゃいいけど。どこまでTYPE-MOONのスタッフがわがまま言ってそれが通るんだろうか。例の吸血鬼モノは第1話以降妙な方向に向かっていってしまったから、不安の方が大きいかも。ある程度のモノができないと徹底的に叩かれるだろうから、作る方も怖いだろうなぁ。

H14.09.21(土) 晴れ

マジ大悪司を購入する。サイト紹介のところにちゃんと[管理人:杢之介より]って載ってたなぁ。ん?「杢之介より」……『より』ってなに?もしかして承諾メールを返したときにどっかに書いてしまって間違えたのかなぁとメールを見直すがそんなこともなく。誤植かい!こちらのミスではなさそうなので、ちょっとネタになると内心喜んでいる自分が……。

萩原一志の解毒治療と称してD・Sになぶりものにされるカイ・ハーンというBASTARD!!暗黒の破壊神完全版02 EXPANSION SETを購入。全編カラー。エロマンガというよりは個人的にはギャグにしか見えんかった。いや面白かったから問題ないんだけどね。とはいえ、カイ・ハーンよりシーン・ハリの方が好みなもんで、ちっさなコマでD・Sの行為にラーズと一緒に白目むいて呆然としている様子の方が気になった。しかし胸がデカくなり過ぎてどうにもなぁ。それは置いておくとしても完全版の手直しなんかよりウルトラジャンプでの連載をちゃんとした形で終わらせるなり一区切りつけるなりして欲しいもんだ。

H14.09.20(金) 晴れ

そろそろRioに入れる曲やらドラマCDやらもマンネリ化してきたなぁ。そろそろ新しいのを用意しないと。しかし曲はいいけど、ドラマCDだと本読みながらは聞けないので、曲を中心に探してみるか。

H14.09.19(木) 晴れ

ドラクエ3のドラマシアターを久しぶりに聞く。カンダタの声が神谷明だというのはいいとして、ゲームでは片手に斧もっていた盗賊が、ここでは武闘家として登場。別にそれもいいんだが、カンダタが闘うとき「あたっ!あたたたっ!!あたぁ!!」とどこかで聞いたことのある雄叫びをあげていたのはどうだろう?神谷さんも心なし胸に七つの傷の男を意識して言っているような気がする。他にも聞いていてやはり勇者の親父オルテガさんはスゲェとしかいいようがないなぁ。精霊神ルビスが虹の雫がなければ大魔王ゾーマのいる闇の島には渡れないと明言しているのに、イベントアイテムもなく辿り着いているしなぁ。ゾーマの城で待ち構えていたバラモスゾンビが劇中でいうには「泳いで渡った」って。あ〜、やっぱり泳いだんだ(笑)昔これをネタにした4コマ漫画があったよなぁ。
しかし、ゲームで感情移入していればともかく外側からストーリーを追っていくスタンスに立つと勧善懲悪ってのが鼻につくのか、どうにもついていきかねる。特に勇者って職業がどうにも。あと、いきなり女王に会おうって近所のおばちゃんに挨拶行くかのように言うのは勘弁してくれ。そんな簡単に謁見を許す方もどうかと思うが。

H14.09.18(水) 晴れ

左目が日曜からそこそこ痛む。眼球よりも目頭とまぶたが特に。ものもらいかな。

明日もきっと晴れ♪をまだ進めているが、基本を押さえたラブコメになっている。最初冷たくて段々心を開いていくって流れはやっぱり好きだなぁ。というわけで香坂優希とかアニス・マーフィンとかがお気に入り。時節ネタが入っていると開発時期と発売時期の上に寝かせていた時期が加わるのでちょっと悲しくなってくる。

H14.09.17(火) 曇りときどき雨

見たのは二回目なんだけど怪談百物語。最近の時代劇って映像技術が上がったためか映像がクリアになったためにセットの粗だとか役者と舞台があってない感じがするのが目について仕方がない。やっぱり昔の時代劇の方が雰囲気があって好きだなぁ。話に突っ込みを入れるのはもっと好き。
で、「七百石の旗本が町人の娘を妻にするなど……」と青山播磨の伯母真弓がおかんむりだったけど、あの時代確かに身分制度が確立していたものの、町人だろうが吉原の太夫、格子だろうがその気になればそれなりの身分の人の養女にいれるって手もあるんだし、機転のきかん殿様だなぁ。今回のでいえば縁談を持ち込んできた大久保某に頼み込んで養女にしてもらうとか。大久保某の実娘が不器量でさっさと片付けたいと思っているのならともかく、器量良しと真弓がいってたんだしな。これで両家の誼は結ばれるんだし。わざわざ家格の低い青山家に縁談を持ち込んだ以上、青山播磨本人を見込んだと思うからこの方向で話を進めればなんとかなったと思うんだが。大久保としては播磨に恩も売れるし、実娘は他の縁談に使えるしで問題ないと思うし。ただ、その娘が播磨に恋慕していた場合その限りではないけれど。これを匂わすセリフでも真弓からあればよかったのに。

いまごろだけど、高機動幻想ガンパレード・マーチアニメ化すんのかい。>
まだ詳細は決まっていないみたいだな。どの枠でやるんだろ。

ちなみに屍鬼の沙子の脳内外見イメージは高野真之の同人ででてくる吸血鬼娘のミサキ嬢>
読んでいる間中ミサキの顔で深刻な話を展開。

H14.09.16(月) 曇りのち雨

OVERMAN キングゲイナーのOP曲「キングゲイナー・オーバー」のフレーズがどうしても耳から離れない。曲自体は7月の先行放送のED曲としてフルコーラスやってたんだけど、本放送のOP映像のインパクトが強すぎてそれに伴って曲が焼きついてしまった。もうフルコーラス版を何度聞き返したことか。

小野不由美の屍鬼文庫全五巻読了。イイ。とてもイイ。ホラーの割に読後感が(個人的に)心地いい。怖いよりも物悲しいというか、せつないというか。一応未読の人のために以下は隠し文字。
確かに屍鬼が表に出てくるまでは村人が次々に死んでいく原因が正体不明なこともあって怖かったが、原因がわかってからはそんなこともなく。しっかし屍鬼って弱点ばっかりやん。今まで読んだことのある吸血鬼ものってたいてい怪力だったして人間が数人ぐらいじゃ全く相手にならないことも多いけど、屍鬼はそんなことなくてタイマンでも下手すると負けちゃうし。一部を除いて昼間は全く動けないし、陽光で炭化するし、聖域(神社や寺)には近づけないし、一度招かれないと他人の家には入り込めないしで、制限ばっか。優位に立てるのは暗視能力と首落とされたり心臓などの血液循環器系を破壊しないとすぐに傷がふさがったり、走り回っても体力が落ちないとか、噛み付けば暗示がかけられるとかぐらいか。これだけじゃその気になった人間の集団相手じゃ対抗できないな。というわけでラストで人間が反撃に出てからはどうにも人間側に共感できず、沙子がかなり気に入っていたこともあって完全に屍鬼サイドに視点が行っていた。まさか敵役のはずの屍鬼の首領の沙子が、人間から無事逃げきれるのかハラハラしながら読むことになるとは。ほんと一度捕まって手に杭を打ち込まれたときはどうなることかと……。
ともかく、金庸先生の作品読んだときのような「面白い話を読んだ」という気がする。

H14.09.15(日) 曇り

風邪気味で出かけるのは控えているので積みゲーの明日もきっと晴れ♪をやってみる。うわぁ、去年の9月30日に買ったヤツだ。でもなんとか一年以内か。メッセージスキップが未読と既読を区別してくれないので、つい未読テキストも飛ばしてしまう。幸杜美月をクリアしてPC落として、他の事やってから再度やろうとしたらセーブデータが飛んでいた。なぜか主人公の名前なんかも空欄で設定されていて、しかも途中までそれに気がつかず「ともかく、は帰っていいよ」とか読んでなんか妙な誤植だなぁとか思ってしまった。「ともかく、は帰っていいよ」司が主人公のデフォルトの名前ね。未読も飛ばせるからすぐ……間になぜか岡田愛ルートに乗ってしまったが、まあすぐにこなせたけど、いったいなんなんだろう?

これってとてもじゃないけど放送できるレベルじゃないと思うんだが>
制作スケジュール大変なんかなぁ。最近放送本数が多すぎるから製作会社での実力あるスタッフの取り合いになっているんだろう。で、偏りが出ると……。あとでDVDを発売するときに手直しすることも多いようなんだが、それならなんとかして最初からある程度のレベルを維持できるようにするのが上の人間の仕事だろうに。

H14.09.14(土) 曇り

昨日の夜から冷え込んでいる。さすがにタオルケット一枚では肌寒く、この涼しさならエアコンの設置している部屋で寝る理由もないので、畳のある部屋に戻ることにする。

エリュシオンはあとエンドが2,3埋まっていない状態だな。メインの4人のエンドは見たけど、話の全容は曖昧のままだ。なんか隠しキャラとかが何人かいるようなので、そちらが終わればつかめるのだろうか。ともかく次のゲームも出しておくか。

H14.09.13(金) 曇りのち雨

なんだか疲れが取れない。朝夕冷え込んでいるから体調崩したかな。ちょっと鼻もグズグズするし。

PCのDVDドライブが開かない。入っているはずのエリュシオンのCDも認識していない。最悪ドライブをばらさなければいけないことも想定しつつ、ぶっ叩いてみる。あっさりCDを吐き出すドライブ。最近PCは開いていないが、どこかの接触が悪くなっているんだろうか。

H14.09.12(木) 晴れ

小野不由美の屍鬼の文庫を読み始める。人口千三百人ほどの山村を舞台にした話。最初は人物の相関関係や世界観やらがはっきりしなかったので、読みづらかったが、一巻の途中からそのあたりが把握できるようになって読みやすくなってきたな。まだ全然序盤だからなんともいえないが、次を読もうと思うほどには面白そうな感じはする。ウチの実家のある町は山の中というわけでもなかったが、たしか人口が千人切ったんだったか。作中で描かれる町内での結束とか外に対する排他性だとかも、皮膚感覚でなんとなく分かるなぁ。家を空けるのに戸締りをしないとかも、都会の方だと正気の沙汰じゃないが、あっちだとほとんどの家がそうだしねぇ。

帰り際で調査依頼が入って遅くまでやっていたが、結局自分の担当部分ではない箇所が原因のもよう。どうするかは明日にでも相談ということで落ち着く。ゲームを進めたかったが、遅く帰ったので無理だ。

H14.09.11(水) 曇り

エリュシオン……魅麗とディアナのメイド、恋人エンドとBADをいくつか見て、現在クリスルートの途中。う〜んボリュームが薄いような気がする。Hテキストも短いし。どうでもいいが男キャラの声優に聞いたことのある人っぽいのが何人かいるなぁ。

エルフのあしたの雪之丞2をやっている夢を見る。そんなに楽しみなんか?自分。でも内容が、2の主人公と前作に出てきた詩織先生のイイ感じの会話を録音したテープを前作の主人公である雪之丞が全校生徒の前で暴露するという、色々矛盾があるイベントだった。いまどきテープってのも驚きだが、雪之丞と詩織が同じ学校なのはともかく、勝も一緒ってのがまず根本的におかしいな。

H14.09.10(火) 曇り

来週まで積みゲー消化週間ということで、この間発掘した積みゲーテリオスの「エリュシオン」をはじめてみる。ああ、2000年とか書いてあるよ。2年も前だ。そりゃこれの次の次のゲームも発表されているもんな。対象OSもWindows95/98ってなってるな。2000でも動いているようだが。パッケージは開けているし、マニュアルやおまけ本も読んだ記憶があるなぁ。えっとディアナがお気に入りっぽいので、まず狙っていこうかと。
他にもちぇりーそふとSkyもヒロイン檜扇あやめをクリア。Hイベントをアニメで表現しようという心意気は買うが、明らかに失敗。イベント絵とのレベルの差がありすぎて見ていてつらい。主人公の部屋でキスしているはずなのに、なぜか背景が彼女の家だったりとかってシーンもあるし。前々から思っていたんだが、あきらさんの絵って髪の毛が異様に多いな。一枚絵としては見栄えはするかも知れんが、動かすとやたら不自然だ。

H14.09.09(月) 曇りのち雨

帰ろうとすると激しい夕立が……。最初こそ靴が濡れないように歩いていたんだけど、5分であきらめた。道路が水で溢れているのを感心しながら歩いていたら、前を歩いていた女の人がすっと身をかわしたんだけど、どうしたんだろうと思ったら、通った車のはねた水が思いっきり足にかかったり。最寄駅についた頃にはほとんど止んでいたが、駅に着くまでに足元はぐっしょり濡れていた。

H14.09.08(日) 晴れのち曇り

押入れに放り込んでいたやり終わったゲームや積みゲーを整理する。うすうすは感じていたが、かなり多いな。とりあえず二度としそうもないゲームは処分するとして、積みゲーは……。う〜ん月末にはDALK外伝とかも出るからそれまでに触りだけでもやっておくようにするか。せっかく買ったのに未開封ってのはどうかと思うし。

ピジョンブラッドどうにも絵が合わないなぁ。買う前に気付けって感じだが。女王様のカオルコは怖いし、ヒロインのリタも怖いし、肉体改造されている娘は出てくるしで……。特に肉体改造系はどうにも趣向に合わなくてやっててつらい。メインでやった奉仕系の調教ではヒロインに肉体改造は施さなかったのが救いといえばそうだが、ほかはどうだろう。品評会は単にパラメータを競うのではなくて、カードゲームになっていてそれまでの調教内容と進捗によってカードの組み合わせによるコンボが出せるようになったりするから、なかなか楽しめた。一度クリアすると品評会だけでも遊べるし。

H14.09.07(土) 雨のち曇り

最近思い出したんだが、スタジオメビウスの新作の『SNOW』って、最終情報が去年で止まっているんだけど、いったいいつ発売するんだろうか?情報すら出ていないからどうなのかサッパリ分からん。

すらっぷスティックは終わったので、次はピジョンブラッドでも。すらっぷスティックはシナリオとかCGよりも途中で遠慮会釈なしにハングアップしてくれた現象の方が印象に残っている。これってゲームの印象としては最悪だと思う。まあ、それは置いておくとして、沙織ENDは狂気が入っていてけっこう好きなオチ。エロでは霧子END。ラブコメ的には魔裏亞ENDとかがシチュ的には良かったかと。

この間の臨時号で大悪司企画本(仮)の発売日と正式名称が発表されていたな。9月20日発売で「本気(マジ)大悪司」だとか。一応このサイトのURLが載っているらしいので、楽しみ。もっともエンターブレインから掲載許可のお伺いメールが来た時点でここで大悪司の攻略やっていたことを思い出したぐらいなんだが(笑)。正月以降まったく更新していないし、そもそも発売一ヶ月で公式ブックが出るとは思わなかったからなぁ。ああいうのを自分で買うと途端に続けるモチベーションがなくなってしまうのが困りモノ。

H14.09.06(金) 雨

あめ〜、あめ〜。せっかく休みだというのに。それでも昼に少し収まったら秋葉原に出てCloneDRIVE発売記念イベントで配布されるクローン音頭のCDを手に入れようと思っていたが、結局土砂降りの所為で出かける気もなくなる。

先々週に買ってほったらかしにしていたすらっぷスティックを進めてみる。なんか場面とか音楽の切り替えのタイミングでよく止まるんですが、この症状はメーカーサイトの掲示板には報告されているようだが、それらしいバッチは上がっていないようなので、原因はつかめていないのかな?それにセーブが選択肢のところでしかできないため、ついセーブを忘れてしまうと、この現象で痛い目にあう。いちいち強制終了させて再起動かけるのがやたらと面倒だし、ゲームの途中で止められるため、やる気が削がれる。

今月は残り2回も三連休があるから精神的に楽だなぁ。今日が土曜日だと何度も錯覚してしまう。

H14.09.05(木) 晴れのち曇り

アリスの会報が届いてさっそく中を開けてみたが、いつもと趣がちがう。表紙を改めて見直すと『9月号.臨時』とのこと。まあそれはどうでも良くて、ちょうど明日は休みだから郵便局に出向いてランス5Dの予約をしてこないと。キャラフェスのアリスセットはどうしよう。う〜ん、スタッフ本だけだもいいんだけどな。とりあえず明日おきてから決めるかね。殺の等身大フィギュアは……他人様の趣味に口出す気は毛頭ないが、本当に買ってからどうするんだろう?

H14.09.04(水) 晴れ

なんか久しぶりに長い文章書いたなぁ。丸2年ぶりぐらいか。これからちょっとずつでも更新していければいいなぁ。まず仕事が忙しくならなければ……。忙しい方が現実逃避でやりそうな気もするけど。

ゲームとかでは鬼畜物とか大好きなくせに、いざ自分で書くと妙にストレートな内容になってしまうのはなぜだろう?同じ題材で他の人と張り合うとか同じ土俵で書こうという気が全く起きないのは、根性が曲がっているからか。

H14.09.03(火) 晴れ

なんとか落ち着いたので、今週いっぱいは久しぶりに定時で上がれそう。

おう、今日からかい。風の海 迷宮の岸。微妙にオリジナルが混じっているけど、これはこれで良し。だって原作だと陽子なんて影も形も出ないからね。さすがに主人公として認識されているはずなので、サッパリ出番がないのはまずいからなぁ。白汕子も美人だ。設定では目はまん丸だからちょっとキショイと思っていたんだけど、それはさすがにTV向けじゃないわな。それに教生の広瀬の代わりに蓬莱(日本)に帰って自由に動ける杉本を使うのか。もう高里の家族を皆殺しにするフラグの一つである「オ前ハ王ノ敵カ」に杉本さんたら「私は景王の友人」って答えちゃったよ。正解。魔性の子に出てきた広瀬の「王の敵じゃない」よりもさらに白汕子や傲濫が納得しそうな答えだ。じゃ、あとは自分の部屋に高里要を連れ込んで、汕子たちが高里要を庇護してくれる存在だと思わせればいいんだ。これで高里の家族は皆殺し……にはならんだろうなぁ。TVだし。家族から疎外されている描写は弟君を除きないわけだし。

H14.09.02(月) 晴れ

なんだろう、ここのところ東海地震とかの大災害を取り上げた番組がNHKなんかでよく流れているなぁ。この間が防災の日だったからだろうか?それともやはり時期的にそろそろデカイのが来るのだろうか。災害はブラウン管の向こう側ならともかく我が身には降りかかって欲しくないなぁ。すぐ近くが米軍基地なんだが、そこに避難はできるのだろうか?

夜はそれなりに涼しいなぁ。これで昼間ももう少し過ごしやすければいうことなしなんだが。

H14.09.01(日) 晴れ

奴隷市場 SLAVE2 〜Cecillia〜
キャシアス君てば奴隷の味が忘れられなくて、奴隷市場に再度赴いたらと思ったら、なるほど、奴隷を大枚はたいて購入した人間が、帝国との関係が悪くなったら即座に祖国に連絡をするために、すぐさま帝国を脱出する連絡役だとは思わないっていって、上司である大使が大義名分と軍資金を与えていたためか。そういえばゲーム中でも同じような事いわれたような気がする。しかし、どうせ帝国の目を欺くなら、奴隷購入よりも、ファルコにでも頼んでそれなりの地位にある人間の娘でも娶って家庭を持つとか。そこまでやらなくても話だけでも進めていくとかの方が効果的だと思うが。
ともかく、今回の話を見終わった結論として、キャシアス君はやっぱりどうしようもないガキだということ。ガキでなければ病気?性格と態度がコロッと一変するよこの子。前半(純愛ルート)までは多少見直したんだが、ドラクア達がセシリアを引き取りたいと訪ねてきた後半(鬼畜ルート)からはもうダメ。ドラクアがフローラを保護していると知って、一緒に行きたいといったら、いきなりキレるし。純愛ルートと鬼畜ルートのHイベントを同じ時間軸で無理矢理進めようとしたがために、キャシアスの人格形成に悪影響を与えているなぁ。それに比べてドラクアとルカのコンビは強くて義侠心があっていいねぇ。ダメダメ主人公とは違うなぁ。しかしルカってばあの美人顔で筋骨隆々だからスッゲェ違和感がある。
後半地下室でセシリアを嬲って楽しんでいたキャシアス君は、セシリアからフローラの居所を聞き出そうと、押し入ってきたボウジェットとその配下に散々に痛めつけられる。ちょっといい気味だ(笑) しかし、しかし……口を割らないセシリア(本当に知らない)に対するボウジェットのあの仕打ちは……ううぅ、あと味最悪。本当にやっちまうもんなぁ。てっきり寸前で助けが間に合うと思ったんだが。
あ、あとフローラは名前だけで影も形も出てこない。この娘出すとセシリアの話は30分じゃちょっと尺が足らなくなってしまうから仕方ないか。
なにはともあれ、これで セシリアは退場し、ミアが登場するわけか。
「そして、僕はもうひとりの運命の女性に出会うことになる」
つうか、キャシアス君……もういいかげん学習能力を身につけた方がいいと思うよ。前回よりも酷い目にあっている上に、ゲームの通りなら次巻ではもっと酷い目にあうんだし。

USB2.0に変えてみたら、外付けHDDはけっこう使えるものになった。さすが40倍。コレでバックアップするのも楽になった。

戻る