タイトル 初恋(DVD-ROM版) ジャンル AVG
シナリオ 猫舌あち 原画 野々原幹
CG/回想/BGM あり/あり/あり 音声 フル
セーブ数 20 END数 6
名前変更 あり(デフォ:初島稔) メディア DVD-ROM1枚
定価 8800 必要容量 約1.3GB
エロ度 ★★★★★★☆☆☆☆ 総合評価 ★★★★★★☆☆☆☆
発売日 2003/02/21 入手日 2003/02/22

【システム】
  オーソドックスな選択肢を選ぶアドベンチャー。タイトル画面などでマウスカーソルが出ないのでイマイチ慣れるまでに時間がかかってしまった。設定画面に移ったときなど、カーソルでSAVEタブを選択しようとしてちょっと上の方に行き過ぎてしまうとウィンドウバーが開いてしまい使いづらい。Ctrlキーでスキップできるけど、押している状態でないとスキップ状態にならないので、メッセージスキップも一々操作用のミニ画面を開く必要があって面倒。そもそも、ウィンドウバーで出来る操作ってゲームの終了と画面サイズの切り替えだけなんだから、これぐらいなら設定画面にもっていってメッセージスキップの選択をこちらに持ってきたほうが操作性は上がると思う。

【CG】
  基本的にプニロリというかちょっと身長が低い感じのヒロインばかり。なんか丸い。
  微妙に外見が被っている先輩の桜井小桃、妹の初島杏、クラスメイトの西村陽子の三人が交互に画面に出てくると今しゃべっているのが誰だか分からなくなって一気に混乱してしまう。

【シナリオ】
  ゲームタイトルが初恋というだけあって、今まで恋愛事に縁のなかった主人公の話……っていうのはいいんだが、ヒロインの誰一人としてまともな相手じゃないってのが救いようがないというか、逃げられないというか。初恋からこれだと後々大変そうだとでもいえばいいのか。だって、妹(実妹?生まれは1月違いとどこかで書いてあったから血のつながりはないのか?やった後何のフォローもなかったんだが)だとか、前世の宿縁だとか、魂の入った傀儡だとか、お姫様だとか、触れる半幽霊だとかっていうのはどうよ。普通の娘相手では満足できないのか?つうか最初っから障害の多いのばかりを選んでやっているように見える。サブヒロインでクラスメイトがいるけど、この娘が一番自然だと思うんだがなぁ。
  高鷺花梨のイベントでお昼のお弁当を「はい、あ〜ん」とかやっていたのは居た堪れないほどこっぱずかしかったから、普通にこの路線で突き進んでもいいじゃなかろうか。

【音声】
  DVD-ROMになって主人公の声も入っているが、CD-ROM版を知らないので意外と違和感なく聞くことが出来た。珍しい。
  親友役の二木竜也の声がどうにも堀川亮に聞こえて仕方がない。そんなわきゃないと思うんだが。
  女性声は特に問題なく入り込めたので、なかなか良かったのでは。

【お気に入り】
  椎名柚純……色々突込みどころはあるんだが、ラスト辺りの一つ一つ確認するように呟いた「可愛かった」云々がクリーンヒット。

2003/03/02

 

 

戻るTOPへ