タイトル ヤミと帽子と本の旅人 ジャンル ADV
シナリオ 宙形安久里 原画 CARNELIAN
CG/回想/BGM あり/あり/なし 音声 女性のみフルボイス
セーブ数 100 END数 3
名前変更 不可 メディア CD-ROM1枚
定価 5800 必要容量 約580MB
エロ度 ★★★★★☆☆☆☆☆ 総合評価 ★★★★★★☆☆☆☆☆
発売日 2002/12/20 入手日 2002/12/21

【システム】
  選択肢を選ぶオーソドックスなADV。ただし、選択肢自体は少ない割に結構シビアなため一つ間違えただけで必要なアイテムが手に入らなかったりする。

【CG】
  CARENELIANさんの原画は綺麗だから見ていて楽しい。エロイベントのある相手は髪の長いキャラばっかりなのが残念といえば残念。狐のメイリンが多少短めだったか。

【シナリオ】
  オープニングでは主人公はかなり痛い性格している上に、初美を守るためにいつも持ち歩いているとか行って日本刀を所持していたり、マジで「キチ●イに刃物かよ」と思っていた。それにこいつの名前が最初出てきていないから混乱。メッセージウィンドウにはずっと【俺】だったし、いきなり名前が葉月とか名乗られてもさっぱり感情移入できない。しかも実は……だったのでさらに混乱。正体とかは途中で分かるからそれ以降はそれほど混乱もなく進められた。
  夜行列車の世界の教養と知識をかなり屈折した使い方をするサイガに生真面目で堅物で世間知らずの蓉子がからかわれるという掛け合いは好みだったので楽しめた。
  後半のちびリリスとのやり取りは、ちびリリスが好みのキャラクター性を持っていたので前半よりもさらに楽しめた。

【音声】
  とくに問題なし。
  女性のみフルボイスっていうのにアーヤとやらはちゃんと声もあったんだが、男なのになんでだろう?まあ設定的には性別とか超越しそうな気もするが。

【お気に入り】
  セーラー服ちびリリス……いじっぱりで偉そうにしているわりに嫌味にはなってなく、邪な事考えている割にはどこか抜けていたり。仕方ないなぁとか思ってしまうところとか。

2003/03/23

 

戻るTOPへ