ソフトハウス

タイトル END数 シナリオ CG/回想 総合得点
ちぇりーそふと Promise 11 あり/あり
 大崎薫子は病弱だった幼い頃に病院で遊んでもらった主人公の奥さんになるときめて、健康になって再会する。箱入り娘(今時いないだろ)として大事に育てられ一般常識は皆無。主人公の事を盲目的に信じ愛している。大崎薫子と純愛を貫くか、それとも本性剥き出しで鬼畜道に邁進するかでシナリオは変化していく。
 選択肢によってHシーンが微妙に変化したりするため、フルコンプリートするためには全部の選択肢を選ぶ必要がある。この辺りは攻略も行っているのでそちらを参照。メッセージスキップも快適なため繰り返しにも特に苦痛は感じない。ただ、見ていないメッセージもひっくるめて飛ばしてしまうため、不用意なスキップは控えた方がよい。

戻るTOPへ



ソフトハウス

タイトル END数 シナリオ CG/回想 総合得点
ちぇりーそふと 鬼門妖異譚 17 あり/なし
 近頃猟奇的な事件が頻発している街に主人公の一家は引っ越してくる。転校初日から気のあう友達にも恵まれ、さあこれからという時に皆本ひかるという同級生に因縁をふっかけられて、なおかつ妙なやつらにまで襲われてしまう。しかも襲った相手は外見は人間だが、実は鬼門と呼ばれる人外の生き物だった。

 ってのが導入部(第一章)。
 第六章までは共通でその最後の選択肢で人間側につくか鬼門側につくか決める事ができます。その後の第七章で6人いる女性陣のシナリオを選びます。この辺りはゲームのヘルプで武器の説明や各シナリオでの分岐などのヒント(答え)が載っているのでエンドはそれほど問題なくいけます。

 ではキャラの説明でも、まずは主人公。

佐藤純……デフォルトの名まえだが変えられる。源頼光の生まれ変りであると同時に酒呑童子の生まれ変り。つまり人間側につくと頼光に、鬼門側につくと酒呑童子の属性が現れる。なぜそんなわけ分からん状態で生まれたのかは実際やってみて欲しい。

人間サイド。

皆本ひかる……幼い頃から鬼門を倒す術を叩き込まれて育てられ、源頼光の血を引き昔から鬼門退治を行ってきた皆本家の現当主。育てられ方があれなので世間一般の常識からズレているところがままある。長髪で目元のキツイ美人。このシナリオに進むと可愛い面も見せるが他のシナリオでは鬼門を倒すのが最優先で頭が固い。

渡部鋼……頼光四天王の一人渡部綱の子孫。ひかる様命の忠実な従者。無口無表情。「鬼門は切る」と「ひかる様」が主なセリフ。鬼門ならば相手が子供だろうが女だろうが躊躇いなく切れる。こいつも幼い頃から鬼門退治の術を叩き込まれて育てられて、高校生にしてあちこちを鬼門退治のために旅した事もあるらしい。綱の生まれ変り。

佐方希実子……基本の武器は銃というなかなかもの凄い女子高生。射撃が趣味でもまずいだろう。という突っ込みはさておいて、自分の事をボクと呼ぶ。四天王の一人坂田金時の子孫かどうかはハッキリしないが生まれ変りらしい。金時といえば有名な足柄山の金太郎だが、このお話の金時さんは美人でした。

卜部炎……熱血漢でよく言えば竹を割ったような性格、悪く言えば単純な性格。頼光四天王の一人卜部季武の子孫にして生まれ変り。先の二人に比べると知名度ががくっと下がる。

碓井由里……皆本家と同じく古くから鬼門退治を行ってきた碓井家の次女。本人はできのよかった姉に比べ才能のない自分にコンプレックスを持っている。戦闘よりも治癒の術に優れている。四天王の一人碓井貞光の子孫。卜部と同じくマイナー。

ジェレミー・大崎……日系イギリス人。まず言動が変。格好が変。ただし、洞察力と推理力ある。人間側の参謀。別に頼光の関係者ではない模様。母国にエイミーという恋人あり。でもこいつも変な女だ。変なもの同士のカップル。


鬼門サイド

大江山摩耶……前世は酒呑童子の妹。ブラザーコンプレックスの塊。主人公をこの世で最も愛していると公言してはばからない。主人公が全てにおいて最優先。今生では主人公とは直接血の繋がりはないため二人の子供が欲しいようだ。

安達しのぶ……前世は安達ヶ原の鬼女にして酒呑童子の恋人。しかし伝説では鬼婆。この話では酒呑に眷属を惨殺されひっ浚われた過去がある。最近紅茶にはまっている。料理の練習をしているのに辰夫の方が上手なのが気になる。みんなで集まってわいわいやるのが好き。

伊原木瞳子……前世は茨木童子。伝説では羅生門(一条戻り橋)で渡辺綱に片腕を切り落とされたという話は有名。また大江山で酒呑童子率いる鬼の副将をつとめたといわれる。ただしこの話では別に副将でもなんでもなく、さらに腕は卜部季武に切り落とされた事になっている。まあ、伝説通りにすると鋼と絡めなければならないから仕方ないか。

菅江真澄……前世は蝦夷の悪路王。この話では酒呑童子にボコにされてそれからベタ惚れ。酒呑とは親友であり、飲み友達。洋酒はまったく飲まないが、日本酒は大好き。甘いものが嫌い。言動の端々から主人公に対する愛がそこはかとなく感じられる。

折口学……鬼門が頼光率いる人間に敗れた戦からの生き残り。残り六人の復活の術を行い、術の研究や鬼門復活後の計画を立てる。鬼門側の参謀。酒にはすこぶる弱い。薬用酒5mlまたは酒まんじゅうで酔っ払い、酔っ払うと今までの苦労からかグチ上戸となる。

姫山辰夫……姿は子供だが実際年齢は他の仲間とたいして変わりがない。子供の姿でいるのは単なる趣味。料理が得意でよく作ってみんなに振舞っている。栗が好物な為かおでん種に栗を入れたりもする。

 鬼門サイドだと鬼畜なのかと思えばそれほどでもなかった。どちらかといえば鬼門サイドの方が人間サイドよりもほのぼのしていたような感じさえある。
 ちなみに一度スタッフロールを見ると好感度の確認などができる辰夫の部屋が出現し、姫山辰夫のエンドを見ると戦闘を飛ばしたり、最強装備にしたりお金を増やしたり好感度を操作できるようになる。これを使えばAVGのみを楽しむ事ができるようになる。

戻るTOPへ

 

ソフトハウス

タイトル END数 シナリオ CG/回想 総合得点
ちぇりーそふと Unbalance あり/あり


 「Promise」以降どうやらダーク路線が完全に定着してしまった(ライト系やりたいが為に別ブランド立ち上げた)、ちぇりーそふとのAVG。特に引っ掛けがあるわけでもない上に、一度選んだ選択肢は赤く変化し、さらにヒント機能ありで詰まる事なし。
 Hシーンがあるのは全部で5人、うち3人が個別ENDがありついでにハーレムエンドまである。個別ENDもハッピーとダークの二種類。

 主人公・大久保純(変更可)は妻である美里(旧姓神谷)を交通事故で亡くし、美里の妹である神谷美香を引き取り、ようやく表面上はその傷心から立ち直りつつある状態。
 主人公の性格が……前作「鬼門妖異譚」にもジェレミーの友人として登場したハルの系列。簡単にいうと一見まともそうで実はどっかのネジを付け間違えているというか、「恐い」人。きっとニコニコしながら人を壊せる。
 その純が父親から命じられ、人気のあるファミレス「ハングリーベア−」を潰すため、美香を連れてアルバイトとして入ることになる。が、積極的に動こうという気はないらしく、初っ端から女に自然にチョッカイかける。

 ただねぇ、ファミレスが舞台というわりには、十分にその舞台を活かしているかといえばそんな感じがしないんだ。いや、確かにヒロインの神谷美香のイベントではフルーツ乗せたり、縄で縛ったまま接客させたりはしたが、他の藤宮律子、鈴原さやかではそれほどでもなかった。基本的に律子は羞恥プレイ、さやかはSMプレイで残りが美香(笑)。ちゃんと分かれているから良いといえば良いのか?
 少しシナリオのボリュームが薄いような気がする。

 オイラのPCだけかも知れんが、音楽鳴らすと音声が聞こえない。音量調節してもさっぱりうまくいかない。だから音楽は切って音声を取った

【お気に入り】斎木紀子(声がちょっとキンキンし過ぎていたが)
        藤宮律子(仲良くなってき始めた辺りの照れ加減が)

 

戻るTOPへ