ソフトハウス

タイトル END数 シナリオ CG/回想 総合得点
アイル

凌辱 〜好きですか?〜

あり/あり
 多額の借金を背負っている為、物事を自分の利益になるかどうかで見るようになってしまった主人公はTV局に勤めるAD。彼が誘い込まれ荷担するようになったTV局を舞台にした闇の世界。
 名まえのとおり凌辱ばかりでダークなお話。恋だの愛だのという、こそばゆいような場面なんてほとんどありゃしない。そこまで行くといっそ気持ちがいいぐらいだ。
 話的には裏に張り巡らされた陰謀を匂わせたような話は好きなのだが、キャラクターの掘り下げが甘いので奥行きがそれほど感じられない。ほんとに行きずりにやられちゃう人とかいて、なんだかなぁと感じた。一応ENDはあったんだけどね。
 どうもアイルの作品はシナリオは悪くなくても、キャラクターがいまいち好きになれないときがあるんだけど、今回なんて顕著だな。こう、グっとくるものがキャラクターから感じられなかった。
 アイルのユーザーインタフェースはやるたびに向上していて良い。

 

ソフトハウス

タイトル END数 シナリオ CG/回想 総合得点
アイル 脅迫 〜終わらない明日〜 31 あり/あり
 主人公の明日香が告白されたその晩に、ちょっと魔が差してお風呂でオ●ニーしたら、その場面を盗撮されてそれをネタになぞの人物から脅され、あれよあれよという間に不幸という名の坂道をこれでもかという展開で転がり落ちるというお話。勿論ダーク系。PC-98からの移植作品でそれに伴い追加キャラ&追加シナリオがあってかなりのボリュームがある。もっともPC-98版はやった事ないのでどこがどれだけ増えたのかはよく分からないけど。

 ヒロインの明日香を中心に女の子(奥さん&女教師含む)がエライ目にあうので、その手のものが嫌いな人はやめといた方がよいかも。でも絵は綺麗だし、声優さんは上手でかなりエロ指数は高いと思う。効果音なんかも良いんですよ。それになんか聞いたことあるような声の人もいるしね。

 話の流れによってはヒロインの明日香さんは早々と腐れ教師や勘違いサラリーマンに処女散らされたり、不良どもにア●ルきめられたり、まあ散々なメにあいます。真のENDにたどり着くルートでも、かなりエライ目にあってるような気がするなぁ。
 たまに洒落にならないようなエロ描写とかありますが、そんなのアイルではいつものことです(笑)。しかし人間生け花はちょっと……いやかなり前衛的すぎて普通の常識ある人たちには理解できないという気が思いっきりしますねぇ。ちなみに私はこの人間生け花ってのはさっぱり理解できませんでしたが、それってイコール私が普通で常識人っていう論法は成立しますかね?いや、ここで聞いてる時点でダメダメな気がちょっとだけするけど(^^;

 あと、ピアスなんですが耳ならともかく、それ以外だと私は反対派ですね。ENDであるんですよ。乳首ピアス。三人の女の子の乳首に穴をあけられて、それに紐と綺麗なビーズのような装飾品をつけてつなげたような描写が。でもねぇ、あれって一枚の絵としてはともかく実際やったら一人転ぶと引っ張られて乳首とれんじゃないかなぁ、ポロっとね。などと思うんですが……余計な心配というか論点はそこじゃないだろう?>自分
 まあつまり基本的に躰を傷付けるようなのは生理的にダメなんですよね。なんでかっていうと、取り返しつかないというかそんな感じがするんで。それより、こう真綿で首絞めるようにじわじわと精神的に追い詰めるとか、ネコがねずみを捕まえて嬲るかのようにいたぶるとかが好み…………って、ハイ、そこ引かない!ついでに精神的に追い詰めるのなら取り返しがつくのか?などという突っ込みはナシです。やったことないから私には答えられません。でも、想像するに下手すると肉体以上にヤバそうな気はします。というかきっとこっちの方がもっと取り返しつかない(^^;
 断っておきますが、心理描写が好きってことです。<一応フォロー

 アイルお得意の一部アニメーションも勿論健在です。一応説明すると、突っ込まれたバ●ブがグリグリ動いたり、突き出された舌がチロチロと動いたり、顔のアップでパチパチまばたきしたり、そんな感じですかね。アクセント程度ですが、あるとないとでは印象がかなり違うと個人的には思いますね。

 この脅迫にはかなりユーザーフレンドリーなインターフェースがあり、それ開くことによって現在どのルートを進んでいるのか一目でわかるようになっています。これを参考にすれば、あとはどの選択肢でどのルートに乗るのかさえ書けば攻略は完成しそうです。しかしEND数やら細かい分岐やらが多くて大変ですね。きっと。

 キャラ的にお気に入りってのは特になかったんで、ENDで気に入ってるのを……。
 題して『組織的自由業(笑)を営む親分さんの情婦、オイオイしかもまだ高●生だってよEND。電話しながら机の下で明日香にあんなことさせてるよ、やるね親分さん。後ろにいる側近はなんで何も言わないの?もしかしていつもこんなことやってるの?すごいぞ親分さん。もしこのとき警察に踏み込まれて捕まったらちょっと格好悪いから気をつけろよ親分さん(笑)。という突っ込みが頭をかすめるENDです。
 で、どこが良かったかというと明日香の諦念の表情が色っぽくてよかったかな……と。あと効果音なんかもエロくて良かったです。

 

ソフトハウス

タイトル END数 シナリオ CG/回想 総合得点
アイル M.E.M.〜汚された純潔〜 17 あり/あり
 小惑星群の衝突によって生態系や環境の激変し、未曾有の危機に直面する人類。
各地で戦争や内戦が勃発し、軍人は殺し合い、民間人も限られた食料をめぐり争いを繰り返した。
極東の島国でも内戦が起こり同国人同士が殺しあうと言う事態に陥る。
内戦は10年後に終結したが、荒んだ人々の心はいまだ癒されていなかった。

主人公は内戦当時軍人として戦ったが、冴子という少女を守りきれずその瞳から光は失われた。
その負い目からか軍を退役した後、教会に引き取られた冴子を探し当てはしたが、彼女は次の誕生日に教会から出て自立しなければならない。冴子以外にも孤児は多いからだ。彼女を引き取りたいと願うが、先立つものがない・・・。こんな世界では自分ひとりが生きていくので精一杯なのだから。悩んでいる主人公に旧知の陣という男から連絡があり彼の仕事を手伝わないかと持掛けられる。その仕事とは・・・・・・。

てな感じでM.E.M.は始まるります。
原画、CGの塗りはさすがにレベルの高い仕上がりで、音声も外してはいませんでした。
アイルお得意のユーザーフレンドリーなインターフェース、ヒント機能もありで分りやすいです。
新機能として音声をリピートする機能があります。
これはもう一度(何度でもOK)この声を聞き直したいというときに使います。

ENDがある女性は篠崎冴子、此路未菜、国東千春、国東千里、マリエル・リーガン、北条由利
の6人です。

内容はというと、久しぶりにエロゲーらしいエロゲーでした。が、一言でいうと濃い。濃すぎる。
ソ●倫は文句言わなかったのか?これは大丈夫なのか?許されるのか?
乳人はまずいだろ、さすがに。というのが1stプレイ後の感想。

これ以降も「うわぁ〜」とか「・・・・・・・・・・・・」という感想が多かったですね。
普通に(?)ダークなのは大丈夫なんですが、肉体改造系はちょっと・・・・・・。
なんか本当に取り返しつかないことやってるような気が思いっきりするんで。人として。

それぞれのENDの中にもおそらくHAPPYENDのはずなのに、
まったく理解できないのがいくつかあったりして・・・ついていけませんでした。

キャラ的にはマリエルがお気に入りなんですが、H内容には・・・・・・。

フルコンプリートしたあと新しい自分を発見するかもしれません。
それぐらい見た事のないシチュエーションがあります。
ソフトな純愛を求める人は避けた方が無難でしょう。ソフトなものなど一つもありませんから。

 

タイトル 桜のしずく ジャンル AVG
シナリオ 高田竜司/たつろう 原画 中釜康一
CG/回想/BGM あり/あり/あり 音声 女性のみフルボイス
セーブ数 200 END数 10
名前変更 不可 メディア CD-ROM1枚
定価 8800 必要容量 約250〜350MB
エロ度 ★★★★★★☆☆☆☆ 総合評価 ★★★★★☆☆☆☆☆
発売日 2001/03/16 入手日 2001/03/16
 キャッチコピーは「電波系凌辱放尿アドベンチャー」、もうこれだけで分かり易過ぎるほどに鬼畜系。

 主人公の佐内雅史(さないまさふみ)は密かに自身が勤める藤之雪グループ会長の孫娘である藤之雪奈央(ふじのゆきなお)とつきあっていた。しかしクリスマスの夜にデートしたため、その事がばれてそれまでエリートコースを進んでいたにも関わらず、ある田舎町にあっさり左遷されてしまう。その田舎町には樹齢千数百年を越えるという桜の巨木があった。最初は嫌がっていた雅史だが、徐々に田舎の生活にも慣れてくる。そんなある日、桜の古木を取材にTV局のスタッフがやってきた。桜は町の神社の御神木で、地元の人間の立会いが必要ということもあり、なぜか雅史がその立会人兼案内役を務める事になる。

 雅史の中から突如としてもうひとつの人格が出現し、雅史の意思を押さえつけて女性を襲い始める。そして、雅史の田舎町での静かな生活は壊れ始める。

 てな感じではじまる。

 登場する女性は4人、それぞれにコンセプトというか主旨が設定されて作られている。あ、キャッチの放尿は全員にデフォルトということで。凌辱はさらにデフォルトだけどね(笑)

ちなみにそれぞれの主旨は
奈々原桜子清楚な巫女さんを凌辱、縛りプレイ

藤之雪奈央処女にア○ル調教

柊秋穂気の強い女を心身共にズタボロにしていく

葵ひまわりメイド服を着た妹系キャラを弄ぶ

 この作品はシングルシナリオ/マルチエンド(主観)のオーソドックスなコマンド選択式AVGとなっている。そう、シナリオはほぼ一本道!!シナリオで分岐するのはHイベントの導入部とHイベントで、それ以外は本当に一本道。しかし、各個別エンドにハッピーエンドらしきモノが存在しないキャラが4人中3人という徹底した鬼畜ぶりは評価対象。ちなみに全Hイベントは全て凌辱、和姦なんてナッシング。普通は主人公が完全に主導権を握ったパターンがあるのに。本当にここまで徹底しているといっそ気持ちイイ。

 一度凌辱したあとも両手が後ろに回ることなく、今まで通り生活できる理由付けはまあ納得。もうひとつの人格の正体とかはどうかと思うが。

 一度エンドを迎えると、ヒントと善悪度を表示させる事ができるようになる、アイルお得意のユーザーフレンドリーなシステムは標準装備。ここでいう善悪度はエンドの「凌辱エンド」と「もっと凌辱エンド」の分岐と多少シナリオの変化に関わっているだけで、善側にMAXであっても万人に受け入れられるハッピーエンドが待ってるわけではないです。念のため。

お気に入り
粉骨無敵堂(お好み焼き屋)店主、葵ガンテツ…ノリというか勢いが。
えっ、女性キャラ?う〜ん、いないや。

2001/03/18

 

戻るTOPへ