タイトル あしたの雪之丞 Round・3 「旅立ちの冬」
エロ担当 雪之丞×久保晶子(夢)、雪之丞×新島早苗
作画 雪之丞の顔がマシな部分はあったが、一瞬だけで全体的にはあまり。
エロ度 数は増えている数は。
発売日 2003/03/28
関連サイト 原作:エルフ
製作:ピンクパイナップル あしたの雪之丞 Round・3
【あらすじ】
  怜於奈がさわやかな笑顔を見せることが出来るようになったのは雪之丞のおかげだと早苗から伝えられる。その怜於奈はすでにロンドンに旅立ち、雪之丞はボクシングを止めたはずなのに朝夕ジョギングを続けていた。
  せりかは鉄平から雪之丞がゲーセンのボクシングマシーンで最高得点をたたき出していたことを聞かされ、部屋にあったグローブを思い出し、雪之丞にボクシング経験があったのではないかと気付く。
  早苗からニューヨークの街角でダンスがしたいという夢を聞かされ、振り返って自分の夢は叶わないとあきらめてしまった雪之丞は前向きな早苗に惹かれていく。

【感想】
  やはり怜於奈はロンドンに旅立ったもよう。あとくされなし。本当に無愛想な雪之丞にそろそろ敵意すら感じ出した。怜於奈が旅立ったあともそれに対して感想を述べるわけでもなく、淡々としているしその友人の早苗と流されるまま関係を持ってしまう。つうかラストで晶子に出くわしたときも「あっ」って一言だけで無表情のままってのはどういうことか?ここは今まで感情を表に出さなかった雪之丞が、そばにいる人が心配するほど狼狽でもしてくれれば、それがどれほどショックなことか表現できると思うんだが、そんなこともなく。
  エロシーンは二人相手にしたのでそれなりだと錯覚しそうになるが、雪之丞の視点ではすでに見られなくなっているので、もうどうでもいいやという感想になってしまう。

2003/04/23

 

タイトル 超昂天使エスカレイヤー 第3話 「カウンターアタック」
エロシーン FM77×ミストレーヌ、マドカ×沙由香、FM77×マドカ、恭平×沙由香、恭平×沙由香×マドカ
作画 戦闘シーンも含めかなり良好
エロ度 ゲームでのイベントと同じマドカを絡めた3Pがあって個人的には満足。
発売日 2003/03/28
関連サイト 原作:アリスソフト
製作:ピンクパイナップル エスカレイヤー 第3話
【あらすじ】
  ダイラストが生み出したFM77との戦闘に負けDDダイナモを奪われたエスカレイヤーだったが、バイオボディを回収修復することによって一命を取り留めた。DDダイナモを失ってしまった沙由香はもうエスカレイヤーに変身するためのエナジーを得ることが出来ない。為す術はないかと思われたが、マドカによればベータ版のDDダイナモが存在し、それならば通常のDDダイナモよりも高いエナジーを得ることが出来るが、ベータ版は不安定なためエナジーの充填は一回が限界な上に、充填時に暴走して最悪バイオボディごと融解する危険もあるという。沙由香はその危険なDDダイナモを換装することを決意し、恭平に協力を求めるが、沙由香を失う可能性とそのプレッシャーに耐えられなくなった恭平は逃げ出してしまう。
  一方、ダイラストの秘密基地ではエスカレイヤーから奪ったDDダイナモを装備したFM77が、エナジーの充填するために相手を求めて暴れていた。その場に駆けつけたミストレーヌは……。

【感想】
  恭平ってば沙由香たちから逃げ出した先で湯上りの未亡人と二人っきりで何やってやがるって感じですか。今回はキスだけだったが、ちょっと印象悪い。ここで改心して沙由香の元に向かい、抱きつかれたときに「他の女の人の匂い」に気付かれて気まずくなったらDDダイナモの換装に失敗してそのまま話が終わるんだろうなとか余計な心配してしまったり。
  エスカレイヤーとFM77との戦闘は結局ベータ版という以上に恭平への想いで得たエナジーのおかげでエスカレイヤーがほとんど一方的に小突き回す結果になってちょっと拍子抜け、近くにいた恭平やすでにやられていたマドカあたりを人質に逆転を狙ってくるかと思ったが、FM77ってば悪役なのに正々堂々真正面から戦って玉砕。それだけDDダイナモで新しく手に入れた力に自信があったというところだろうか(ぶっちゃけ戦闘に時間を食いすぎるとラストのエロシーンが入らないからだとは思うが)。が、その前に暴走しかかったベータ版DDダイナモを恭平の協力で安定させたという場面があるので、カタルシスは充分発生している。
  FM77に陵辱されたミストレーヌ(遼子)が、恭平に慰められるときの表情などかなり高レベルの作画だった。ただ、綺麗なのはいいんだけど、綺麗過ぎて危うく別人の域にまで達しかけている。
  話的にもうまくまとまっているし、全般的に作画も良く声優も巧いのでとくに不満もなかった。Dr.アルクがFM77に殴り倒されてゲームでの意趣返しができたともいえるので気分良かったし。

2003/03/29

 

タイトル あしたの雪之丞 Round・2 「失われた日々」
エロ担当 杉崎怜於奈
作画 エロシーンではそれなりに。
エロ度 悪くはないが、如何せん短すぎ。中の下。
発売日 2002/12/20
関連サイト 原作:エルフ
制作:ARMS[http://www.a-rms.co.jp/f_article/0212/yuki/index.html]
製作:ピンクパイナップル あしたの雪之丞 Round・2
【あらすじ】
・雪之丞との行為を思い悩んでいつになく元気のないせりな
・遅刻して学校の塀を乗り越えたところを杉崎怜於奈に見つかるが、彼女は雪之丞と一緒だった。
・転校生である雪之丞に学校を案内していた怜於奈はせりなに案内役を任せる。
・怜於奈が雪之丞に好意を抱いているのに気が付いた新島早苗が「彼氏にしちゃえ」とけしかける。
・昼休みにひとりでカレーパンをかじっている雪之丞に声をかけて鹿島祭について話す間部由希。
・鹿島祭はせりなに誘われて有志でやるお好み焼き屋を手伝うことになったことを話す雪之丞。
・煩わしくて別の場所に移った雪之丞はそこで怜於奈に留学の話が持ち上がっていること、それに本人は反対していることを聞くともなく聞いてしまう。
・さらに煩わしくて屋上に移ると怜於奈本人がいた。
・怜於奈の話を聞いた後「暇だったら今度水泳部を覗きに来て」と誘われて別れる。
・お好み焼き屋の買出し参加をキャンセルしてプールに行く雪之丞。
・「何もかも忘れるために」と怜於奈からプールに入ることを勧められ、何を思ったか全裸で飛び込む雪之丞。
・大して泳ぎもせずに怜於奈に襲い掛かる。気分が盛り上がっていたのか抵抗しない怜於奈。
・プールでやったあと、プールサイドのベンチでさらにやる二人。

【感想】
  原作ゲームで雪之丞が毎度々々飽きもせず喰っていたのはツナサンド。なぜにカレーパン?あと何故か合田鉄平が好きなのはせりなではなく間部由希になっている。須崎達也もせりなのことが好きだからこれ以上ゴチャゴチャさせないためだろうか。
  亡くなった母親と自分をほったらかして民俗学の研究に没頭していた父親からの留学話に心乱される怜於奈の心の隙間にうまく入り込んだ雪之丞。今度は前作と違いちゃんと意識はあるようだな。ゲームでは鹿島祭で一緒に居たりと段階的に仲良くなっていったのでそれが良かったのだが、あっさり落ちちゃったね。
  親友である久保勝を意識不明にした自責の念からさらにとっつきにくくなったにも関わらず登場した女性陣ほとんどに好意を寄せられる雪之丞に疑問を感じる。それはともかく前作でのせりなとのことは前後不覚に落ちいっていたためにサッパリ覚えていないらしいあたりはどうだろう。最終的にせりなとはくっつけるつもりはないということだろうか?アニメを見て雪之丞に対する評価がドンドン下がっていくんだがなぁ。
  純愛系、同時間軸で複数ヒロインと真面目な主人公とのエッチはやはり無理がある。ある程度ちゃらんぽらんとか女好きとかならよいだろうが、今作の雪村雪之丞は真面目に分類されるだろうから、次作でどのような形で怜於奈を片付けるのだろうか?予想ではいきなり留学させて後腐れをなくすると思うが。

2003/01/08

戻る


TOPへ戻る