アニメ日誌

2004.04.18

この醜くも美しい世界 第03話 「二人の木陰」

 やっぱり雨はきらい byアカリ

今度はみなわか。本当にまほろだな。
モンスターは出なかったけど、おねティのマリエのようなシオンが出てきた。服やら寿司やら、スイカやらをコイツが盗んできていたということらしいが、リョウはコイツを見てもちょっと驚いただけで、あっさり受け入れてしまう。順応力は高いようだが、おそらく真相はアカリの方が気になってそれどころではなかったということろだろうかね。
つまり、ヒカリ&タケルとアカリ&リョウのペア同士が軸になるわけか。となるともしかしてリョウも変身とかするのかな。第1話で見せたような戦闘シーンっていつ頃やるんだろう。

この醜くも美しい世界 第02話 「あなたが初めて」

大好きです。タケルさんも皆も……大好きです。 byヒカリ

ジェニファ・ポートマンって式条先生まんまじゃね〜か!少年好きだったら完璧。
タケルの友達の紅林浴香や漆島桜子とかがヒカリの服を作ってあげたけど、普段着作ってやろうよ。どう考えても普段着られるようなもんでもないと思うが。もっとシンプルなもんでいいと思うなぁ。
特にモンスターが出て暴れたりといったことはなく、ジェニファと話していただけでいきなり家から出て行ってしまう。……なんで?別段ショックを受けるような事はなかったように思うが。たしかにこの手のイベントで主人公の気持ちというか決意を再認識させることは必要だと思うけど、もうひとひねりあってもよかったやも。

この醜くも美しい世界 第01話 「暁は光と闇のわかれめ」

 ヒカリは俺が守るから by竹本タケル

画はともかく、声優陣がまほろまてぃっくとほとんど変わらないってのはどうよ。
最近CMで延々と流れている高橋洋子の唄ってこれのOPだったか。イントロ聞いてちょっとビックリした。
戦闘シーンのモンスターぶん殴ったときの突き抜ける衝撃の表現とか飛び上がったときの浮遊感とかが格好よい。殴り殺されそうになったモンスターがけっこう憐れっぽい顔になっているのが、上手く表現されていたな。
光の中から出てきた裸の少女はともかく、それを狙って節足動物っぽいモンスターが襲い掛かってきたり、いきなり超常現象連発ですか。ヒカリも単なる美少女というわけでもなく、二重人格っぽい秘密を持っていそう。

戻る